« 幸福な人生 | トップページ | 創造と英知 »

"幸福な人生"の続き

引き続き 『宇宙創造神「交信録」第1部 斉藤正和著』 の一部を引用させていただきます。

・・・・・・・・・・(略)・・・・・・・・・・・・
とにかく、自分の幸せ、家庭の幸せを考えるのであれば、悪いと思うことは、絶対に行なわないこと、更に "反省" をし "感謝" をするよう "努力" することが大切です。

もう少し教えたいと思います。 先ず反省する場所は、家族で食事をするときに、子供の前で親が一日を反省することが一番 "良い" と教えます。  子供に強制することは、絶対に行わないこと。  更に反省する場所として、神棚の前とか、佛だんの前で行わなければならないと言うことは全くありません。  一人で反省する場所として、神である私が一番 "良い" と教えたいのはトイレであり、風呂場である。  つまり入浴中等ゆっくりと反省が出来る場所が良いと思います。  従って場所にこだわる必要は全く "無し" と私は言います。

4."神として更に教えたいこと"
神佛を信仰するのは非常に結構ですが、金のかかる "信仰" は止めた方が "良い" と教えます。  いくら人間が幸せになりたい、今の不幸から脱出したいと思っても、神である私が助けない限り、救われることは全くありません。  人間を助けることが出来るのは宇宙創造神 "全能神" "天地創造神" こと "アルマ樹浩大王太陽神佛" を名乗る神である私だけだからです。

従って、今までに "予言者" として名を残した人間が多数いますが、彼らが "予言" 出来た訳でもなく、神である私が、その人間に行なわせたことです。ですから前にも言った通り、"予言" というのは、神の忠告でもあるのです。それ故に "予言" が当たらなかった場合は、神が助けた為に当らなかったのであり "予言" が当った場合は、神である私が実行した為に当ったのである、ということを教えておきます。

・・・・・・・・・・・・・(略)・・・・・・・・・・・・

どうでしょうか、自分の行動が他人に迷惑を掛けていること、自分の都合のために相手を苦しめていたり、相手の意志を無視して無理難題を押しつけていることなど、即刻止めて反省してみては。  幸福な人生を得るには、絶対悪いことはしないと常に意識して生きていくことが大切かと思います。     

                    以上

|

« 幸福な人生 | トップページ | 創造と英知 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事