« マシュー君のメッセージ(36)と十字架 | トップページ | 第14章 ユダ・イスカリオテの過ち »

誤って人を裁いてはならない

 大阪地検特捜部の捜査資料改ざん・隠ぺい事件で、容疑者の弁護側は取り調べ全過程の録音・録画(可視化)を求めていたが、最高検側はそれに応じないようである。 最高検としては当然でしょう、検察の汚点がさらけ出される事にもなりかねませんから。 この際セコイ手をつかわず、検察の膿を出し切ったらどうでしょう。 マ、改ざんを告発した常識的な検事もいることはわかりましたが。

 関係者に先人の言葉を贈りたい。
誤って人を裁いてはならない。 自分が誤って裁かれない為である。 自分の行う裁きによって自分も裁かれ、自分の量るその秤で貴方がたも量られるからである。
    (タルムード・イマヌエル  第7章 正しい心  より抜粋)

|

« マシュー君のメッセージ(36)と十字架 | トップページ | 第14章 ユダ・イスカリオテの過ち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事