« 原発ゼロは偽善である | トップページ | 地球人の意識の進化は宗教の邪説によって阻まれている。 »

ミレニアムが13年前にあったと信ずることができます。(サルーサのメッセージより)

 サルーサのメッセージ(2012.10.12)の第7段です。 拙い訳ですが。

この先にいくつかの困難な時期があります。しかしあなた方はそれらを切り抜けるでしょう。そしてその結果はあなた方が光の中へより一層高く上がるのを見るでしょう。 時は飛ぶように過ぎ去り変化はより身近に現れます。そして、予言する者がいなくても、二元性の終わりの時代が始まろうとしていることが全く明らかです。 ミレニアムが13年前にあったことを信じることができます。そしてあなた方の意識の進展を振り返るとき、あなた方の意識レベルがどこで関係しているかは特に明白です。 光と愛のエネルギーは山火事の炎のように広がり、高次元の表現の不死鳥は灰燼から再び上昇しようとしています。 それは、あなた方が移行しようとしている新しいレベルでは存在し得ない低いエネルギーの全てを変える力があります。

 13年前と言えば1999年です。 皆さんはその時何か変わったことを経験しましたか。 私には思い当たる事があります。以前当ブログ『私の不思議な体験』(2010.10.14)に掲載したことですが、仕事中に両眼の下瞼を白黒の縞模様が走ったことがありました。   その時は「眼」に気をつけなさいという、ご先祖様からのサインかなと思っていました。 確かに、その11年後の2010.12.01に眼に異常が生じました。 左目に稲妻が走り、黒い筋がフワフワ動くようになりました。 眼を酷使した結果のようです。 その少し後のメッセージに”眼の酷使”の文言がありました。 当時スピリチュアル系の本を読みあさっていました。

 私は「アセンション」とか「終末」という言葉に溢れる、いわゆるチャネリングメッセージにはあまり興味ありませんでした。 どちらかというと嫌悪していました。 サルーサのメッセージに出会った当初は全く興味が持てませんでした。  しかし、たまたまメッセージにヒーリングの記事が載っているのに気づきました。 丁度、カミさんが膀胱炎を起こしたのでカミさんの背中に私の掌を当て、ヒーリングのまねごとをしたことを当ブログ(10年8月22日)で記事にした時でした。 サルーサの記事に少し驚きましたが、ヒーラーと言われる人間でなくてもヒーリングはできるのだなとその時に思いました。 それ以来サルーサのメッセージには興味を持って読むようになりました。

 サルーサのメッセージの中には、私の勝手な感覚からですが、個人的に興味を引く文言が見当たることがあります。 当ブログで使った言葉がサルーサのメッセージの中に出てくることがありました。  文脈からすると ”なぜここに” と思えるものでしたが、私の勝手な思い込みですが、何か注意を喚起するために挿入しているのかも知れません。

 振り返って考えてみると、サルーサのメッセージにはある特定の人間に思い当たる言葉をそれとなく挿入しているのではないかと思ことがあります。 サルーサのメッセージ(12年10月10日)の第5段の終わりに、『過去の証拠は、あなた方の質問は、心に生じた段階であなた方の質問を知ることができ、それらが話される前に答えを示します』とあります。 私が心に思い浮かべた事柄に対する解説と思われる記述を見たことも有りました。 まさか、と思っていましたが。 我々地球人の想念は強ければ宇宙に伝搬します。 それをサルーサがキャッチするのは不思議ではありません。 きっと皆さんもメッセージを注意して読むとそんな文言に出会うかも知れません。 

|

« 原発ゼロは偽善である | トップページ | 地球人の意識の進化は宗教の邪説によって阻まれている。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事