« 原発の直下に断層があること自体問題である。 | トップページ | 5月に入ってもまだ寒い。 »

大災害に備えておきたい。

 地球上のあちこちで地盤の陥没やら地滑りやら発生しています。 春分の日近くに観測した太陽の位置(記事「太陽の位置はおかしかった。」 13年3月27日) は計算値とは異なる動きをしていることがわかりました。 ただこの一回の観測結果から地球の動きが揺らいでいるのか、地軸が移動しているのか、公転軌道がぶれてきたのか等、素人の私にはとても判断できません。 しかし、地球に何かが起きている、何かは分からないが、とんでもない物理的変化が起きるのではいかと感じざるを得ません。

  地球の科学者は重要なことを語りません。 地球の物理的変化を監視している地球外知的生命体であるサ・ルー・サのメッセージ( 今現在は休止中)には記憶にとどめておきたい文言があります。 私自身の備えのためにも記録しておきたいと思います。 前に掲載したものと重複して申し訳ありませんがここにご紹介します。

サ・ルー・サのメッセージ

 3月15日 第7段目
 
・・・・現在、地球はある地域は隆起し、別の地域は沈下しながら新しい地域に注意深く移行していますが、まだ最終位置には到達しておりません。 アトランティスのほとんどはその大きな大陸に接続した既存の海岸線の付近で隆起するでしょう。あなた方の歴史の多くの部分はアトランティスの物語の中に秘められていて、かつては偉大な文明であったことについての真実が語られることでしょう。 アトランティスは非常に長い間存在していたのであり、ほとんどの人たちはそこに住んでいました。 ある人たちはいまだにその沈降を記憶しており、約1万年前の最後の日にそこにいたのです。

  3月22日 第4段目 
 ・・・・・私たちはもちろん、母なる地球の支援には継続して関わっていますし、ガイアに関係するイベントと物理的な変化が静かに起きていることに注目しています。 実際、あなた方の意識レベルが向上すればするほど、地球上での全ての事はより容易に実現できるようになります。

 3月29日
 第7段目 
 ・・・・・水平線上にあなた方を向上させるものが見えます。 それは極めて急速に到来し、多くの人を驚かせるでしょう。 大変化一つだけの告知が必要であり、残りは急速にそれに続くでしょう。

 上記”大変化一つだけの告知”とはアトランティス大陸の隆起であり、他の物理的変化つまり、大地震や火山噴火は急速にそれに続いて起きると言っているのではないかと推測しています。 危惧に終わればそれにこしたことはありませんが。 

 

|

« 原発の直下に断層があること自体問題である。 | トップページ | 5月に入ってもまだ寒い。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事