« 風に流されない雲 | トップページ | 釈迦の諦観は不可解か。対談本「仏の発見」より »

アルコールについて

 私は学生時代からアルコールに浸っていました。 酒の種類は別として、酒を嗜みだして以来、晩酌を欠かしたことはありませんでした。 つい最近までアルコールの無い人生など考えることもできませんでした。 しかし意を決して昨年11月からアルコールを止めることにしました。 ただ私は昔から飲み会の幹事をやっております。 旧交を温めるために。 それで完全にアルコールを止めることはできないのですが、取り敢えず晩酌は止めました。

 アルコールを止めるきっかけは、地球外知的生命体であるサ・ルー・サのメッセージを読み、アルコールが体の害になるというメッセージに触発されたからです。 またシルバーバーチの霊訓にもそのようなコメントがありました。

 昔から、アルコールは適量であれば百薬の長と言われています。 確かにそういったところもあるのかもしれないのですが、肉体に害を及ぼすものであることを知った以上、避けてみようと思います。 アルコールは太古に人間を奴隷化するために作られ、支配者によって広められたものです。 ドラッグ、アルコール、ニコチンなど依存症になるものは避けるべきだと思うようになりました。 まずは、やってみることですね。

サ・ルー・サのメッセージメッセージとシルバーバーチの霊訓をご紹介しましょう。 ネットにあった翻訳したものを借用しました。

サ・ルー・サのメッセージより

(2012.10.08)
あなた方の肉体は、あなた方の寺院なのですから、肉体に気を使い、肉体に害を及ぼすようなことを避けてください。たとえば、高次元を経験するためのドラッグ摂取の習慣ですが、早くやめればそれだけ成功の可能性が高まります。アルコールについても同じで、いずれにしても体には害があります。自分の向上を確実にするために必要なことに注意しなければなりません。そうすれば、あなた方のガイドからの支援を受けられるでしょう。神は全てのソウルに次元上昇をしてほしいと思っていますが、あなた方には自由意志があたえられているのですから、最後は自分の選択次第です。真剣になって自分が現在の三次元のサイクルに留まりたいのかどうかを尋ねてみてください。もしも自分の道が、次元上昇を希望するようには向けられていない事が分かったのなら、それが最後の選択です。

(2012.10.10)
あなた方の未来は、私たちのそれと似ていて、あなた方は銀河ファミリーになり、私たちが持っているあらゆる属性を所有するに至るでしょう。たとえば、私たちはあなた方のように疲れることを知りません。なぜなら、私たちの振動はあなた方のそれよりも高いからです。しかし、私たちは望むとおりに体力の回復が図れます。私たちは又、私たちの周辺にあるエネルギー源からエネルギーを摂取しますが、エネルギー源としての飲み物も飲みます。実際、高次元の体では、重い食物を接収する必要はなく、リラックスのために軽い食事をするだけです。私たちは、あなた方が知っている、アルコール分を含まない栄養価の高いフルーツドリンクを飲みます。私たちは、アルコールは毒だと見ており、私たちのようなレベルの高い存在には必要がありません。実際、あなた方にとっても重い食物は不要になるでしょうし、動物の肉は確実に摂取しなくなるでしょう。

シルバーバーチの霊訓 到来五章より
・・・・・・・頭脳が明晰すぎると、とかく単純な真理が幼稚に思えて、捨ててしまう傾向があります。これは危険なことです。脳が活発すぎて、単純に片づくものでは物足らなくなり、何やら複雑なものだと脳が仕事らしい仕事を得てうれしくなるのです。本当は、身体が健康であればあるほど、その要求するものが自然の理に適(かな)ったものになるように出来ているのです」

「すると脳の働きも理に適ったものになるわけですね?」

「その通りです。そして、それだけ霊性が発揮されやすくなります。その辺が狂うと、次から次へと厄介なことが生じるようになります。 健康な身体ほど、精神と霊が顕現しやすいのです。 所詮、地上ではその身体を通す以外に、自我の発現の手段はありません。 動物をごらんなさい。 ネコは暖かい日向に寝そべり、太陽が動くと、そちらへ移動します。 本能的に単純な真理を知っているのです。
 不幸にして人類は、文明というものに毒されて、ますます人工的になりつつあります。 タバコを吸いすぎます。 アルコールを飲みすぎます。 刺激物を取りすぎます。 こうしたものはみないけません。 大自然の要求どおりに生きていれば、身体はそうしたものを要求しません。 不自然な生き方をしていると、そういった不自然なものを摂取しなくてはならなくなるのです。 食欲をそそるものが要るようになるのです」

                          以上

|

« 風に流されない雲 | トップページ | 釈迦の諦観は不可解か。対談本「仏の発見」より »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事