« 宇宙における最も重要な数字3・7・12と7×7 | トップページ | 日本人と中国人の起源について »

ピラミッドと光速

 「ピラミッド5000年の嘘」などピラミッドに関する解析が、いろいろな分野の知識を合わせて行われています。 しかし、まだピラミッドがどんな目的で建造されたのか、どんな方法で建造されたのかなどについては完全には解明されていません。 

 当ブログでもピラミッドについて記事にしたことがありますが、アスケットとビリー・マイヤー氏とのコンタクト時代においては(1965年頃?)、ピラミッドの建造目的など説明は許されていないということでした。 しかしながら、その後のビリー・マイヤー氏とプレアデス/プレヤール人であるプターとのコンタクト記録(水瓶座時代の声 第19巻 35ページ)からその建造された目的の一端がうかがわれます。

 それによると、私が想像するところではピラミッドの建造目的の一つは、天文の真実を伝えることだったのかなと思っています。 他の建造目的もあるのかも知れませんが。  ピラミッドの当初の高さは152.955347メートルだったようです。 が、古代エジプト人が材料を持ち去ってしまって現在の高さになってしまったのだそうです(古代エジプト人がどんな方法でピラミッドの材料を持ち去ったかは知りません)。 当初の高さにはどんな秘密があるかというと、当初の高さをキロメートルに言い換えると地球と太陽の距離になるのです(152,955,347Km)。

 さらに全宇宙の元素種類は280種(注:管理者は理解していない)で、この数値に定数7を掛けると光速(秒速299,792.48012Km)になります(ウィキによれば 299 792 458 m/s)。 これについてもコンタクト当時は、この計算や,元素数について公表することは許されていなかったのです。 ここでは定数7に注目して欲しいと思います。 宇宙の重要な数字7を掛けて計算しています。

日本語版・水瓶座時代の声 第19巻 第87/1号 35ページより 

      (略)
ヒリー:  では,また次の質問だ。 君たちはギドー(Guido)が計算で突き止めた後,全宇宙には280種類の元素が存在するだろうと私に言ったことがある。 それから私が計算したところ,ギザのピラミッドの最初の高さは152.955347メートルとなったが,それは君たちも確認してくれた。 君たちはさらに,約136.8メートルという現在の高さは,古代エジプト人などがピラミッドから材料を運び去ってちょうどその寸法に縮小したのだ,と言った。 ところが,地球の科学者は,ギザの大ピラミッドの高さは最初は146.6メートルだったと主張している。 これは,私の計算や君たちの証言によれば真実ではない。最初の高さは,実際は152.955347メートルだった。 これをキロメートルに言い換えると,地球と太陽の距離,したがってまたAE,すなわち1天文単位と正確に一致する。 この事実は,地球の天文学が規定する地球と太陽の不正確な距離とは矛盾している。 ここで興味深いのは,当時私が行った別の計算で,ピラミッドの正確な高さもしくは地球と太陽の正確な距離から,またそれらの元素の総数が280であるということから,乗数7を掛けると,今日の非常に正確な光の速度を計算できる。 この計算は次のようになる。
              280×7=1960×152.955347=299792.48012
つまり,最終結果として今日の光の速度は,秒速29万9792.48012キロメートルとなる。 当時,この計算を公にすることは許されなかった。 元素の正確な数もだ。 ここで問題なのは,私が行った計算をまだ秘密にしておかなければならないのか,それとも今なら公表してもよいか,ということだ。

 

ブター: これ以上,秘密にしておく理由はない。

                   以下略

|

« 宇宙における最も重要な数字3・7・12と7×7 | トップページ | 日本人と中国人の起源について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事