« 闇の勢力は、多くの人間を殺す事を神が認めるだろうと本当に想像しました。 | トップページ | お詫び ジーザス/サナンダの自叙伝(その1~その3)を削除することにしました。 »

解散総選挙

 前回、『闇の勢力は、多くの人間を殺す事を神が認めるだろうと本当に想像しました。』という記事を掲載させて頂きました。多くの人間を殺すことを神が認めるだろうと、闇の勢力は何故想像したか思い当たる節があります。私の憶測ですが。

 当ブログを読んで頂いている方はご存じかとは思いますが、以前、ここではタルムード・イマヌエルを取り上げてきました。イエスを裏切り、ローマ軍にイエスを売ったと云われているユダ・イスカリオテの書いたイマヌエル(別名:イエス・キリスト)の言行録です。その第12章に次のような記述があります。(旧版ですが参考のため)
18.この地球は、全人類五億人を養い、支えうる。この掟に従わなければ、二千年後には、十倍の五十億人となり、地球はもはや人々を養っていくことが出来なくなるであろう。
19.飢饉や、大災害や、世界的規模の戦争や、伝染病が地球を襲い、人類は死に、生き残る者は僅かであろう。

 このユダ・イスカリオテによって書かれたタルムード・イマヌエルは、実際は完成する前に、本当にイエスを売ったユダ・イハリオテによって盗まれました。第14章では「ユダ・イスカリオテの過ち」としてその辺りのことが書かれています。私の推測ですが、盗まれたのはこの第12章を含んでいたと思います。そしてイマヌエルはユダ・イスカリオテに言行録を再度書くように命じました。盗まれた文書がどうなったかというとローマにあるバチカン図書館に接収されました。あのバチカンにです。原著書はアラム語で書かれていますが、彼らは全て読み解いたことでしょう。したがって、バチカン=イルミナティーは、イマヌエル(別名:イエスキリスト)の言葉を神の計画と勝手に想像し、多くの人間を殺すことによる人口削減計画は神が認めるだろうと傲慢にも想像したのでしょう。現在ではエボラ出血熱、イスラム国、そして世界戦争の火種を拡大するのに躍起になっています。しかし、チャネリングメッセージによると彼らは資金的にもダメージを受けているようなので、彼らの勢いはそんなに長くは続かないでしょう。

 さて、話は衆院選です。今度の選挙はイルミナティーの人口削減計画を終了させる絶好の機会になると私は期待しているのです。これまで日本国民の貴重なお金は闇の勢力=イルミナティーに流れ込んでいました。このまま安倍政権を存続させると、日本は多くの人間を殺す人口削減計画を推進するイルミナティーの資金供給源となります。日本はキッシンジャーを頂点とするイルミナティーが牛耳るアメリカ様の財布になっています。日本国民にひもじい思いをさせてでもアメリカの言うとおりにする政治はもう不要です。投票日には安倍政権にNO!を叩きつけて来ましょう。

 安倍政権について参考になる記事を2つご紹介します。1つは昨年のマシュー君のメッセージです。もう1つはベンジャミンフルフォード氏の記事です。

マシュー君のメッセージ(玄のリモ農園ダイヤリーより)土曜日, 10月 19, 2013
マシュー君への質問

質問:オバマ大統領は一見すると光の使者がするとは思えない様な合意をしても、最終的には平和の為に行動しているとのことですが、日本の政府・安倍首相についても同じことが言えるのでしょうか

スージー/マシュー:安倍首相自身はイルミナティのメンバーではありません。でも彼はイルミナティに完全に包囲され、彼らと東京電力から強い圧力を受けています。ブラックメールや死の脅迫などによってです。でもそれも人々が光を受け入れることで変わって行くでしょう。

ベンジャミン・フルフォード情報    (14年11月18日付け GFLサービス)

 安部晋三 は日本に戻って自民党内の反乱に遭っている、とは日本の右翼ソースからの情報です。反安部派は12月総選挙プランのニュースをリーク し、一方で安部本人はそれを全身全霊で阻止したいと思っています。自民党と公明党の連立と親安部派は急速に支持を失いつつあります。

 最新の日 本経済の縮小を示す7月から9月までの四半期での年率換算経済成長率は1.6%です。これは日本経済が公式に景気後退に入り、アベノ ミックスが失敗だったことを示します。実際、アベノミックスは米国のカバール支援を目的にした日本の年金資金や他の金融資産の取り崩 し以外のなにものでもありません。もしも安部が排除されたら、それはブッシュ/コーヘンナチオニストのゲームの終わりでもあります。

 これがこれからの数週間での日本に於いて重い戦いが予想される理由なのです。

                          以上

|

« 闇の勢力は、多くの人間を殺す事を神が認めるだろうと本当に想像しました。 | トップページ | お詫び ジーザス/サナンダの自叙伝(その1~その3)を削除することにしました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事